家売る査定

家売却不動産

長年住み慣れた住居を売却しようと思っていますか。

不動産を売却した後、具体的にどうするか考えているでしょうか。

不動産を手放した後、また、家を形づくるとか、マンションに住み替えるとか、中古物件を購入するとか、選択肢はたくさんあります。

では、その後の生活をどうするか見受けるところからスタートしましょう。

今要るところから、便利な場所に住み替えるなら、お金が余計に掛かるかもしれません。

それとも、地方や、自然環境が良い場所に住み替えるなら、今によって、生活が楽になるかもしれません。

選択次第では、生活費や人生が大きく変化することを事前に覚悟しておきましょう。

そんなに不動産の売却にはお金や時間、覚悟が必要です。安易に売却してしまったら、後で後悔するかもしれません。

もしも、家族がいるなら、自ら決めたりせずに、ちゃんと相談してから不動産を売却することをおすすめします。

仮に、反対が多ければ、些かクールダウンする時間が必要になるでしょう。

時間をかけてよく考えてから行動に移しましょう。

時間をかけても、ことごとく不動産を売却したいって思ったら、手続きのスタートです。

信頼がおける不動産会社を見つければ、大きな味方になってくれる。

実家の不動産売却について

不動産は巨額財産の代表的なものですが、一方で、利用していなくても固定資産税が毎年かかったり、維持をしないと、不審火などで周りに迷惑をかけて仕舞う。

そうはいっても、家庭を持っていたり、自宅を購入した今後は、簡単に自宅に転居することはできません。

また、両親が自分を育ててくれた子育て世代では、広さが必要で、買い物などは周りに立ち寄ることができても、子供が独立したら広い家は必要なく変わる一方、買い物は近くで済ませられると便利です。

その為、両親って同居をする場合でも、実家に子供世帯が同居するとは限らず、実家の不動産を売却して、子供と二世帯住宅を建てたり、同居は決意がつかなくても、実家を売却した資金で親は子供の家のそばの便利なマンションを購入して、近居をするという方法もあります。

不動産の売却は、売却した翌年の3月15日までに確申を通して、所得税って住民税を納める必要があるので、売却したお金をすべて使ってしまうわけにはいきません。

ただし、居住用財産を売却した場合には譲渡所得の課税の特例があったり、売却資金で同じ用途(自宅)を購入すると、課税の繰り延べがあるなど、取引の状態によっては減免が受けられます。

いくらで売れるかよりも、たとえ手元にあるかを計算することが大切です。

家を譲るとき損をしない媒介契約

OLの夫という子供が両方、上の子が小学校へ現れるのを機に実家の家業を継ぐことになり、それまで住んでいた家を折れる事にしました。

只、初めてのことなのでいろいろ知らないこともあり、不安でした。

知識がないは損をする事になります。

そこで、知り合いの不動産屋さんのアドバイスをもとに手元の資金はいかほど確保出来るか、家を引き下がる時期はいつ頃かなどノートに今解る事、取れることを書く事にしました。

いくら程度で売れそうかの相場も調べてみました。

そういった簡単なことですが、売却するときの決定の情報にする。

但し、初めて売却すると決めたら、風土や築年数などが査定価格に影響するようです。

複数社に査定を依頼してみましたが、プロの目はやけに厳しかったです。

そうして、本当に不動産会社と媒介契約を結びます。

専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約のうちどれにするか、トラブルを未然に防ぐためにも、これって案外要なのです。

私達は、速く確実に売ってもらいたかったので売り出しに積極的に差しかかる形の専任媒介契約をしました。

お陰で月額後に買い主と査定からサッと高めの金額で売買契約を結ぶことに成功できました。

信頼できる不動産会社に依頼したのが成功のポイントでした。

ページの先頭へ